水曜日, 7月 23, 2008

いつか来た道

 iPhoneと携帯電話(日本の)を比較する話題がネット上に溢れているが、電話として見た場合iPhoneは使い難いというものから、同列に語るなという信者の説教(私もこの口か)まで、様々である。確かにiPhoneの本当の売りは日本の携帯でできる事ではないが、携帯擁護派からすればそこが肝心要の点。本当にインターネットに繋がるかどうかなど問題ではない訳だ。但し、これはもう少し長いスパンで見ると全く違った様相を見せる筈である。そして、その前例は日本語ワープロである。日本語ワープロが全盛だった時代、PCのワープロソフト(MS Word)とワープロ専用機を比較すればワープロ専用機の方が優れていたが、ソフトとハードウェアのアップデートで全く別物に変わる事が出来るPCが生き残りワープロ専用機は消えてなくなった。iPhoneに対抗するには、端末を買い替える事なく機能が更新されていくサービスを各キャリアが構築するしか方法はないが、それを行うには全ての端末のOSが同じものになる以外に方法はない。それが、Androidなのだと言うのならば早くその端末を見てみたいものだ。

結論:今のままではいずれ日本の携帯はワープロ専用機のきた道を進む事になるに違いない。ワープロ専用機が成り立った時代に、アメリカのソフト会社(Microsoft)のワープロソフトがデファクトになるなんて誰も考えてもいなかったのだから。

2 件のコメント:

4 さんのコメント...

わかりやすいたとえをありがとうございます。

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

受け売りだったりします。