木曜日, 11月 09, 2017

Appleは10年遅れ…

去年はAppleをDisるどころでは無かったSamsung。もうほとぼりが冷めたと考えたのかGlaxy Note 8では到底iPhone Xには勝てないと判断したのかは知れないが新しいCMでAppleは後追いばかりとDisりまくっている。日本ではこの手のCMはご法度なので日本版を目にすることはないだろうがトータルでは未だに世界一の携帯メーカーなのだから大人気のないCMなどそろそろやめたらどうなのだろう。と言うわけで2年も前のiPhoneを引っ張り出して自分たちの方がずっと進んでいるとの主張をするのは如何なものかと検証してみたい。

防水:海外でいつ防水をうたう携帯が出たかは不明だが国内ではカシオが2000年に出しているので17年以上前に防水携帯はあった。Appleは16年のiPhone 7からなので16年遅れ。Galaxyに限定すれば2014年のS5が初代のようなのでSamsungの方が2年早い。
高機能カメラ:現状の画素数や画質で比べる限り遜色はないかiPhoneの方が優れていると言う評価も多いので、最初に携帯にカメラが載ったのはいつかで比較。ルーツは1999年にDDIポケットが発売した機種。iPhoneは2007年発売開始なので8年の遅れ。Samsungは2004年に500万画素の携帯を出しているがAppleが500万画素になったのはiPhone 4からなので2010年。Samsungが6年先行。
ワイヤレス充電:非接触型の電磁誘導方式の原理は19世紀には発見されていたが、今一番ポピュラーなQi(iPhone 8やXも準拠)に対応したスマホが登場したのが2011年。Appleよりも6年先行している。国内販売のGalaxyシリーズでおくだけ充電に対応したのは2015年なので2年は早い。
大画面:頑なに小さな画面のiPhoneしか作っていなかったApple。その上タブレット壊滅状態のAndroid陣営。Appleの作っていないサイズならば売れるのではとiPhoneよりは大きいけどタブレットより小さいモバイルとして作り始めたのが始まりかと。2012年にはGalaxy Noteを出しているので2014年のiPhone 6 Plusよりも2年は早い。

結論:と言うわけで改めて確認してみると10年以上も前に既にあったものはSamsungではなく日本のメーカーの製品。Samsungの製品で10年以上先行しているものは見受けられないのでどうやらそれぞれAppleよりも早かった搭載時期を合計して10年以上先行していると言っているようなのである。そんな事を自慢するよりも写真でロックが解除されてしまうような時代遅れの顔認証システムを直した方が良いと思うのだ。

火曜日, 10月 24, 2017

引退

どこの誰とは言わないが一年後の引退を宣言し引退までのプロモートを確実なビジネスに育て上げるマネジメント手法を駆使する人がいるようだ。元はと言えば差別的な契約で雇われていた事務所からの独立に端を発したことなのだろうが、このネット時代興行権を楯にしてアーティストを縛ろうというのも時代遅れだしレコード時代と違い音楽レーベルの資金力で枚数を捌けないことが明白になってしまった。業界人の顔色を伺いながらビジネスを考える必要などないのだから手垢のついて人間関係をリセットするためにも一度芸能界を引退するのは正しい判断だと思うのだ。

iTunesなどのグローバルサービスが当たり前になったこの時代国内市場だけを見る必要など一切ないので国内引退を世界デビューの足場作りと考えれば良いのではないだろうか。本当に売れようが売れまいがプレスした枚数で印税が入るような20世紀型(売れなかったら次の契約をしないと言うこと)など、デジタル時代には相応しくないテレビに出てCDを売らないと商売にならなかった時代遅れの考え。アーティストのビジネスの主戦場はライブチケットをどれだけ捌けるかなのだから動員が可能な人は既存のレーベルとの契約をどう終わらせるかにかかってくるのだ。

結論:山口百恵のように本当に芸能界から身を引いてしまうことの方が少ない芸能界。今回の引退は国内のしがらみとの決別と考えた方が良いのではないだろうか。

火曜日, 10月 03, 2017

茶番劇

政界渡り鳥として数々の政党を渡り歩いてきた小池百合子。その時々の勝ち馬に乗る手管はさすがと思いまするが一度たりともシンパシーを感じたことがないのは事実。小泉さんに学んだ喧嘩手法で都知事になったと思ったら都議会選挙のために都民ファーストの代表となり与党の座を自民から奪い、今度は衆議院で過半数を占めようとしているのだから大したものである。反安倍で気勢ををあげたが結果的に支持を減らす結果になった民進党。今の状態で衆院選を迎えればさらに勢力を減らすのは必須。そんな状況で前原が下した決断は希望の党との合流。

腐ったとは言え政党交付金を持つ民政党は魅力的な相手のはずと考えたのかはしれないが民政党のすべての議員が希望の党に入れるくらいに考えていたのだとしたらおめでたすぎるのだ。今回の合流は自由党の小沢一郎の入れ知恵との話もあるが、そうだとすれば民主党を作った最大の功労者を切り捨てた民主党に対する復讐だったのは明らかだろう。小沢が一番憎んでいたのはスポンサーであった鳩山や小沢を追い出した民主党の左派勢力。今回、小池百合子に笑顔で排除しますと言われた連中だった。内紛の元凶となる左派勢力を切り捨てるための希望の党との合流劇だったのだ。そんな連中はまさか自分たちが排除されるなどとは考えていなかったのだからおめでたいのである。

結論:今回のドタバタ劇で希望の党の勢いも相当削がれた気がする。結果的に安倍自民党を利することになるのではないだろうか。そして小選挙区で勝てなかった民政党の左巻き連中はこれで息の根を止められることになるのだろう。