水曜日, 7月 12, 2017

歴史は誰のためにあるのか

古事記や日本書記は神話も含まれているので歴史を書き留めたものではなくおとぎ話にすぎないと左翼の人たちは言うだろうが、どんな歴史書も当事者でなく第三者として書いた部分以外は書いたものにとって都合の良い話になっているのは当然のこと。同様に日本国憲法ではないが文章になっているものは真実だけが書き込まれていると盲信するのもおめでたい話だ。歴史書に関しては誰の指示で編纂が開始されたのかが重要でその人にとってプラスとなるような筋立てになっているのはどこで、そうするために過去に書かれている歴史書と辻褄が合わなくなる部分をどのように辻褄合わせしているかを中心に見ることで本当の歴史があぶり出されるのではないだろうか。戦前の歴史が皇国史観で作られていたと戦後否定されたが全く同様に戦後の歴史教科書はリベラルな民主主義者(戦前の共産主義者)に都合の良い形になっていたのは紛れも無い事実。江戸時代が暗黒だったなんていうのは大正時代に作り出された幻想に過ぎなかったことがどんどん明らかになっている。

そもそも幕府(これも明治以降に悪意を持って使った言葉)を蒙昧な組織と陥れたいために開国を拒否したように教科書では印象操作されている。尊王攘夷で打ち払えと蒙昧なことを叫んでいたのは幕府ではなく新政府の母体となった側。黒船が来て慌てふためいて開国に動いたというのも嘘で江戸の町民が黒船来航をクィーンエリザベス号の入港のようにお祭り騒ぎで面白がっていたのは幕府も、これで国が滅んでしまうと上を下への大騒ぎになっていなかったからなのだ。その当時の国際情勢に関しては幕府の方が正しい情報を掴んでいたためロシアやアメリカとの国交は歓迎すべきレベルのものであった。開国を許さなかった最大の勢力は水戸藩だったが桜田門外ノ変を経て急速に力を失ったのち倒幕の思想的バックボーンとなったのが徳川にとって皮肉ではあった。

結論:歴史は統治者が変われば書き換えられるものなのである。

木曜日, 6月 22, 2017

朝鮮戦争を支援した中国義勇軍の正体

アメリカに何を言われても核兵器の開発と弾道ミサイルの開発を止めようとしない北朝鮮。いうことを聞かなければ武力による制裁を加えると言っていたアメリカも朝鮮半島を囲むように米艦隊を集めるだけで実際に武力攻撃を仕掛ける考えは今のところないだろう。実質的に北朝鮮の後見役である中国に圧力を掛け北朝鮮の暴走を止めさせようと考えているのだが、今のところ北朝鮮は中国による直接的な経済制裁を回避するために開発を止める気はさらさらないのである。

なぜ、北朝鮮は国境を接する中国の圧力を無視するのかと疑問に思うところだが朝鮮戦争を回顧する事でその図式の一部が分かる気がする。北朝鮮による侵攻で始まった朝鮮戦争は北朝鮮軍の怒涛の進撃で米軍(在日米軍)が主体の国連軍が仁川に上陸して背後からソウルを奪還する前には半島南端の釜山に迫っていたのだ。ソウルを奪還し38度線を超えた国連軍は平壌を陥落させそのままの勢いであれば大韓民国の勝利で終わっていただろうが中朝国境周辺に集結した中国義勇軍が北朝鮮に侵入し国連軍を南に押しやったのである。

この実質は中国人民解放軍だと言われた中国義勇軍は人民解放軍所属の第4野戦軍で、朝鮮族らが中心となって編成された「外人部隊」だったと言われ、そのルーツは瀋陽軍区に住みついた朝鮮系の匪賊、馬賊だった。もともと北朝鮮とは深い親交があったのだ。したがって、人民解放軍には所属しているものの、北朝鮮とは同じ民族であり、義勇軍として参戦しても不思議はなかった。そして、義勇軍に加わったもう一つの部隊が内戦末期に部隊ごとまとまって投稿してきた国民党軍兵士だったのだ。

結論:朝鮮戦争時に北朝鮮を支援した中国義勇軍は北京を中心とする中国人民解放軍ではなく朝鮮族が中心の瀋陽軍区の第4野戦軍。今でも北朝鮮の国境の北側は瀋陽軍区なのである。

流行りのAI

今回は第何次になるかはどうでも良いのだが世の中は何かというとAIである。エキスパートシステムの時代からリコメンド、エージェントとその時々でメインテーマは違っていた。今騒がれているディープラーニングもハードウェアの処理能力が著しく高くなり認識精度が上がったのは事実だが、バズワードとなっているその基本アルゴリズムは1970年代後半に登場したニューラルネットワークの改良に過ぎない。処理速度が信じられないくらいに高速になったので当時は実験データを食わせることくらいしかできなかったのがGoogleやAmazonが集めてきたデータを無造作に放り込むことができるようなっただけ(暗算の速度が速いのも一種の頭の良さではある)なのだ。鉄腕アトムなどで人工頭脳と言われていた皆が考えている汎用人工知能は実は未だに実現していないのである。

確かにディープラーニング(AIではなく計算知能が正しい)のパターン認識能力が高くなったので音声認識や画像認識の世界は格段にレベルアップされたが、人間の思考の機序が解明されていないのだからそれを人工化するなど夢のまた夢。与えられたアルゴリズムとデータをもとにパラメータ調整を行い最適と思われるルールを組み立てるにしか過ぎないのである。そもそもAIと言いながら現状のAIは文章の意味を理解して答えを導き出しているものではない。数学のように一つの答えが導き出される問題はとっくの昔に人間以上の能力に到達しているのは事実。データ解析も数学的な処理なのですでに人を超え囲碁や将棋で人が勝てないのは全く同じ理由。しかし文章の解析となると文字の使用頻度や品詞の分類なら得意だがアルゴリズム化が事実上不可能なため文法的に整理されていない文章に関する質問などは現状のAIでは正しく答えられないのである。

結論:今流行りのAIの理論は40年前のニューラルネットワーク理論の改良に過ぎない。当然、与えられたアルゴリズム通りにしか動作しないディープラーニングでいくら頑張ってもシンギュラリティなんて起こりようがない。もしもそう見えるようなことが起こったとしたらそれは誰かが人工無脳にそのようなシナリオを書き込んでいるのだ。