金曜日, 1月 19, 2018

音声アシスタントに思うところ(1)

やれAppleはガラパゴスなのでGoogleやAmazon、Microsoftと比べてディープラーニングのレベルが低いのでSiriはあのザマだなどと宣う人がいる。確かにAppleがGoogleやAmazon、Microsoftになろうと足掻いているのならばおっしゃる通りなのだがAppleはそんなことはみじんも考えていない会社。膨大なデータを使って賢い情報が得られるならそれは利用すれば良いだけで張り合うことはない。それよりはクラウド上に個人情報を送ることなくエッジ側でどれだけその人の望みに答えられるようにするかをターゲットにしているのは間違いない。そんなものGoogle Assistant経由でクラウドに送れば良いじゃないと言う人が普通なんだろうが、私は「1984」型の考え方をするGoogleは嫌いなので何から何までGoogleに情報を送らなければいけないようなものはお断りなのだ。

話を表題の方に戻そう。今年のCESはさながらAlexaとGoogle Assistantの一騎打ちの様相だった。去年のCESはどこを見てもAlexaがらみの話題だったので元々CESに積極的ではなかったGoogleが遅れを取るまいと力を入れてきたせいなのだが、現在製品ジャンルのバッテイングするスマートスピーカーでしのぎを削っている両者なので力の入りようも違っていたのだ。シェアで遅れを取るGoogleは積極的に自社製品を会場で配っていたようなので危機感はより強いのかも知れない。どちらも音声アシスタントの言葉で括られてしまうため全く同じ目的と捉われがちだが、それぞれ得意の分野は違う。スマートフォンでは完全に敗れてしまったAmazonにとってスマートスピーカーの目的は家の中の音声アシスタントの主導権を奪う事が狙いなのだ。

AlexaはGoogleに購買につながる情報を渡さないためのツール。一言に言えば物売りのためのスピーカーなのだ。実際に特定のデバイスの情報を得ようとAmzon EchoとGoogle Homeに質問すると、Alexaはデバイスに関する情報提供ではなくAmazonに在庫があるよと返してくると言った塩梅だ。同じものをGoogle Homeに質問すれば購入したいと考えていてもWikipediaやそのデバイスの製品情報を読み上げるかも知れない。つまりGoogle Homeは物知りを売りにしているわけだ。

全くの一般ユーザーはそんな違いなんて分からないので物知り、物売りのどちらで使うのがメインかによって買ってから後悔する事になるのだろう。いずれAlexaとGoogle Assistantは同じような機能を持つのだろうが、ここに両者と全く性質の違う音声アシスタントのSiriが加わるとますます話が分からなくなってくる。メジャーな会社がリリースした音声アシスタントの先駆けがSiriなのだがここのところHomePod以外に派手な話は聞かない。当然まだ発売されていないHomePodはCESの会場にある訳もなく。Appleの嫌いな人たちからしたら見る影もない(物がないので影ができるはずはないのだが)Appleはもう終わったと考えているようなのだがそこで冒頭の話に繋がる。

音声アシスタントで覇権を競い合っているAmazonやGoogle、Microsoftが目指しているのはユーザーの個人情報の掌握しクラウドでディープラーニングに利用する事。もちろんそう言った形で機械学習されたエンジンがなければAIが賢くならないことは事実なのだがAppleはそんなところを抑えようなどという気は全くない。だから、AppleはSafariに自社製の検索エンジンを載せようなどと一度もしたことがない。実際SiriはGoogle検索の情報を使っている。そしてそれぞれのAssistantに質問すると明らかにSiriの情報量が少ない事に気付くはずだ。それを捉えてAppleはガラパゴスだからこんなザマだと批判する訳だ。あえて言えばSiriの最大の強みは馬鹿な質問に強いことだ。質問とは言えないような会話に対する返答はユーモアに溢れている。賢さよりも擬人化に重点を置いている訳だが、そこから見えてくるSiriはただの物知りや物売りではなく対話の相手を目指していると言うことである。現在のバージョンでは質問を時系列に累積する形になっていないため何かをお願いするには物足りないだろうがいずれはローカルに質問情報を溜めてその人に最適な情報を探しに行くように育つのだろう。

音声アシスタントはSkilなどの形で外部機器のコントロールを行える事を売りにしている。対応機器があれば明かりを付けたりエアコンを入れたりテレビのチャンネルを変えたりできる。数が少ないとは言え対応機器があればAppleのHomeKitでも同じように可能だが「おやすみ」と言えば照明やエアコンを睡眠時の状態に自動で再設定してくれるわけだ。そのためのツールとしてAmazonやGoogleはスマートスピーカーを用意している。対するAppleのHomePodは恐らく他の二つほど賢くはないだろう。スクリーンを持たないスピーカーに任せられない事は単独では行わずiPhoneやApple TV、Macに任せる形にしてくるだろう。何事も適材適所。長くなってしまったので続きはまた次回。

木曜日, 12月 28, 2017

2017年のスマートスピーカーは、物知りと物売りを中心に

年初のCESがAmazonのAlexa中心に回っているのを目の当たりにするまでAmazonは物売りに過ぎず世界はGoogleを中心に回っていると信じていたのが我が国。10年前はそれがMicrosoftだった訳だが流石にMicrosoftが絶対神だなどと考えている人は希少種になってしまった。

ハードウェアに目を転じればウェアラブルに関してはeSIMも内蔵してスタンドアローンでの使用機会が広がったApple Watchが気を吐いていたのが印象的。Xiomiなど低価格の製品も出てきたため活動量計タイプが主力製品だったところはどこもかしこもうまく行かなくなり合併による生き残りを余儀無くされた。スマートグラスは予想通りVRを中心技術としたHMDが雨後の筍状態だったが騒がれているほど売れているとは言えず今はまだ開発段階と言える。ARに関してはAppleのARKitの発表により特別なハードを必要としないARへと流れが変わりGoogleが進めていたTango Projectは終了となってしまった。

そんな中、AppleがHomePodを発表したからではないだろうが世の中は一気にスマートスピーカーにシフト。3年前からAmazon Echoは出ていたがそんな事を知らない日本(Echoは日本未発売)では今年がスマートスピーカー元年。秋に発売開始されたGoogleHomeが牽引車となって一気にスマートスピーカーと言う言葉が浸透した。年末には発売開始されるはずだったスマートスピーカーの本命馬だったHomePodは登場していないが、ディープラーニングの仕組みも持たないAppleの出す製品など他と比較するのはお門違いなどと言うアンチアップルの連中もいるのでスマートスピーカーと一括りにされている各陣営のスマートスピーカの方向性の違いについて書いてみたい。

Google Home(Google):伊達や酔狂で森羅万象の情報を独り占めしようなどとしている訳ではない。クソも味噌も引っくるめてディープラーニングしているのだから分からない事を知ろうとするならGoogle Homeで決まり。中身の基板はchromecastでそこの集音マイクとスピーカーが付いただけ。Googleのクラウド検索のダム端末である。Google Assistantなので質問には強いが会話を楽しむようなものではないのでAIの入ったスピーカーだなどと勘違いするとがっかりするのである。【物知り】
Amazon Echo(Amazon):最初のモデルがリリースされてから早3年。その中で鍛え上げられたAlexaはEchoだけではなくSkillを使って様々な家庭内の家電製品のコントロールも可能になっている。とは言え基本はAmazonの注文窓口。ものを尋ねているのに本や家電製品の注文と捉えてしまうのは困り物。その内購買履歴からこんなものがセールになっていますよと言いかねないのだ。【物売り】
Clova(Line):GoogleHomeやAmazon Echoがアメリカ製なので日本語に難があると考えたのかも知れないがLineのClovaの一番の売りは日本語の認識能力の高さと独自のAI。同じ質問をすると他の二つよりも知らないことが多いのだが話をはぐらかすテクニックは他にはない機能かも。一言で言ってしまえばPCやスマホを使わずにLineが出来るスピーカー。Line Musicユーザー獲得のテコ入れもあるのだろう。Lineができれば他は何もいらないと言う人にはぴったりかも知れない【物足りない】
HomePod(Apple):Google Homeよりものを知らないAppleはガラパゴスだと騒ぎ立てる人もいるが、そんなところで勝負をする気で開発をした訳では無いのがHomePod。その証拠にAppleはSiriを使った人工知能スピーカーなどとは一度も言っていない。部屋に配置しただけでどのような空間におかれているのかを判断してその部屋にふさわしい音場を自動で作り出すところが一番の売り。煩わしいセッティングをスピーカー自らが行うと言う意味でスマートなスピーカーなのだ。もちろんSiriは使えるので簡単なお願いをすることは出来るし、今はApple TVかiPadでなければ出来なかったHomeKitのハブとしても機能するだろう。他のスマートスピーカーでも出来るのかも知れないがマイクを使って空間把握をしているので人がいるのかいないのかを認識可能なのでその機能を使えば見守りアプリを作るのは簡単だろう。【物の音】

結論:GoogleHomeは、ディープラーニングのための音声を集める道具。Amazon Echoは音楽も聴ける御用聞き。Clovaはスピーカーの形をしたLine。そしてHomePodは音をベースにした環境デバイスなのである。


木曜日, 11月 09, 2017

Appleは10年遅れ…

去年はAppleをDisるどころでは無かったSamsung。もうほとぼりが冷めたと考えたのかGlaxy Note 8では到底iPhone Xには勝てないと判断したのかは知れないが新しいCMでAppleは後追いばかりとDisりまくっている。日本ではこの手のCMはご法度なので日本版を目にすることはないだろうがトータルでは未だに世界一の携帯メーカーなのだから大人気のないCMなどそろそろやめたらどうなのだろう。と言うわけで2年も前のiPhoneを引っ張り出して自分たちの方がずっと進んでいるとの主張をするのは如何なものかと検証してみたい。

防水:海外でいつ防水をうたう携帯が出たかは不明だが国内ではカシオが2000年に出しているので17年以上前に防水携帯はあった。Appleは16年のiPhone 7からなので16年遅れ。Galaxyに限定すれば2014年のS5が初代のようなのでSamsungの方が2年早い。
高機能カメラ:現状の画素数や画質で比べる限り遜色はないかiPhoneの方が優れていると言う評価も多いので、最初に携帯にカメラが載ったのはいつかで比較。ルーツは1999年にDDIポケットが発売した機種。iPhoneは2007年発売開始なので8年の遅れ。Samsungは2004年に500万画素の携帯を出しているがAppleが500万画素になったのはiPhone 4からなので2010年。Samsungが6年先行。
ワイヤレス充電:非接触型の電磁誘導方式の原理は19世紀には発見されていたが、今一番ポピュラーなQi(iPhone 8やXも準拠)に対応したスマホが登場したのが2011年。Appleよりも6年先行している。国内販売のGalaxyシリーズでおくだけ充電に対応したのは2015年なので2年は早い。
大画面:頑なに小さな画面のiPhoneしか作っていなかったApple。その上タブレット壊滅状態のAndroid陣営。Appleの作っていないサイズならば売れるのではとiPhoneよりは大きいけどタブレットより小さいモバイルとして作り始めたのが始まりかと。2012年にはGalaxy Noteを出しているので2014年のiPhone 6 Plusよりも2年は早い。

結論:と言うわけで改めて確認してみると10年以上も前に既にあったものはSamsungではなく日本のメーカーの製品。Samsungの製品で10年以上先行しているものは見受けられないのでどうやらそれぞれAppleよりも早かった搭載時期を合計して10年以上先行していると言っているようなのである。そんな事を自慢するよりも写真でロックが解除されてしまうような時代遅れの顔認証システムを直した方が良いと思うのだ。