水曜日, 4月 07, 2010

iPad以降のパーソナル・コンピュータは

 1歳児でも操作できる(使いこなせると迄は言わない)PCとなるiPad(iPhoneやtouchもそう)。今までのPCを使ってスキルを蓄えてきた人から見れば中途半端なPCとバカにしてみたいところだろうが、PCスキルを蓄える前にiPadが登場した世代から見れば、今までのPC(当然Macも含め)など糞みたいな出来そこない(インターフェイスと言う意味で)のデバイスだと言われるようになるのだろう。
 
 そんなことはないと思う方は胸に手を当てて考えてもらいたいのだが、私の子供の頃のコンピュータとは汎用機だったが、今コンピュータと言われて汎用機をまず始めに思い浮かべる人はいないし、PCと言われてMS-DOSを思い浮かべる人も恐らくいない筈だ。何故なら、今PCを普通のツールとして使っている人の多くはWindows以降にPCを使い始めた世代だからだ。

 情報化が進みセキュリティ問題が発生した現在、多くのまともな神経をした企業では会社のデータを自宅に持ち帰る(自宅から持ち込むのも同様)ことは禁止事項となっているはずだ。会社のデータを持ち帰って自宅で作業をする必要が無くなれば会社のPCとの互換性など不要になる。それなのに面倒なPCをわざわざ使って時間の無駄遣いを...

結論:パーソナル・コンピュータは、PCからiPadのようなデバイスに移行するのである。

2 件のコメント:

syd1520 さんのコメント...

うちのカミさんは正しいのです。
こんどのこれ、(ipadのこと)簡単そう。
すぐ使えそうだね。

そうなんです。
これが大事なのが判らないのが日本のメーカー!
使用者はだれ?ってことですよね。

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

 コメントを頂きありがとうございます。

 見ただけで何が出来るかが分かる道具が一番なら、とりあえず触ってみただけで使い方が分かる道具がその次。マニュアルを見れば使えるようになる道具がその次で、マニュアルを見ても使えないようなものは道具にさえなっていない。

 iPodやiPadは日本の技術者だって作れたけど、会社のトップに理解されなかったから出せなかったと負け惜しみを言う人がいるが、それが本当ならば、顧客がAppleの製品に見向きもせずに飛びつくような素晴らしい商品を後出しで出せたはずです。

 そんな商品が一つも出てこないということが、感性に訴えかける商品を作り出す技術のない証拠ではないでしょうか。

 顧客の心理を理解していない人が作ったものに魅力などないのです。そこに、あるのは自己満足(自社の利益とも言う)だけ。