月曜日, 8月 31, 2009

麻生さんの敗北宣言

 漢字が読めないとか批判的な事ばかりを書かれ、解散を先延ばしにしたことを批判された麻生さん。敗北宣言で、NHKの「麻生総理、民主党を中心とする新政権にはどのようなことを望みますか。」と言う質問に「マニフェストにいろいろ謳われておられますんで、そのマニフェストを実現して行かれるということだと存じますが、いずれにしても国際金融を含めてきびしいものがいくつも我々を取り巻いております。そういったものに関して、きっちり対応していただける民主党の勝利というものを祝福と申し上げると同時に期待も申し上げております。」と答えたのである。恐らくこれは負け惜しみではなく本心から出た言葉なのだろう。

結論:小鼠路線を廃し、国民主体の政治に戻そうとした時に最大の抵抗勢力になったのは自民党だった。自浄能力を欠いた自民党を再生するには下野しかないと考えたのかも知れない。麻生さんは皆が考えているよりはまともな政治家だったのだ。

2 件のコメント:

syd1520 さんのコメント...

少なくとも、阿部や福田よりはましだと思います。
自分の目の前の壁は誰にでもあり、それを超える努力が周りから見ていて「たよりになる」とか「頑張った」とか言われるんだと思いますが、前2人は壁なんか一つも超えられない能無しです。
学校へ行くのが時々嫌になる事がある中学生以下。

って、うちの会社の世襲息子もそうでした。(涙)

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

 コメントを頂きありがとうございます。
 安倍さんや福田さん以上に問題山積みだったのに、最後まで投げ出さなかった事だけでも十分評価に値すると思います。東国原以外はやりたいなんて誰も言わなかったんですから。