月曜日, 8月 31, 2009

神通力

 政権与党として自民党に影響力を与えていた公明党が惨敗した。小選挙区は自民に比例は公明にというスローガーンも今回ばかりは何の役にも立たなかったようである。組織票を持つ公明党の強みも投票率が上がってしまえば焼け石に水という事が明らかになった選挙だったのだ。

結論:自民党は自力で復活を遂げない限り政権奪取は難しいだろう。保守を辞めてしまった政党に有権者は投票しない事が明らかになったのだ。公明の神通力もこんなもんだと分かっただけでも良かったと思うべきだろう。それにしても、今回民主を引っ張った電通とその舎弟達をのさばらせるのはどうにかしなければいけないのである。

2 件のコメント:

syd1520 さんのコメント...

電通めー! asahi めー!あいつら霞ヶ関と同じで自分が日本を動かしていると思ってやがる。なんとかしなければ、

今日も電通ビル(汐留)の下に、お昼を食べにいってしまった。止めなければ。

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

 コメントを頂きましてありがとうございます。電通はカスゴミの元締めですから、カスゴミそのものが消えてなくならない限り電通の息の根を止めるのは難しいでしょう。何故なら、自民だろうが民主だろうが勝つ方をクライアントにするのですから。金さえ出せばどんなものでも売ってしまう。流石は広告屋です。