木曜日, 2月 18, 2010

Windows Mobileに黄信号

 題名はGIZMODOからのパクりだが、Windows Mobileの失敗が2007年から始まった原因はWindows Mobileの元々のライバルだったPalm OS(その頃にはもう完全に落ち目だったのに、スマートフィンを電話の出来るPalmだと考えた)対抗でOSを作り込み、RIMが眼中に無かったことだと思うのである。PalmがコケたのをWindows Mobile(元はWindows CE)が優れていたからとでも考えたのだろうが、実際は携帯の機能が上がってPDA市場そのものが無くなっただけだったのだから、そこから派生したOSが覇者になることなど最初から無かっただけの話なのである。

結論:しばしばMicrosoftはライバルを見誤ると言う失敗を犯している事は以外に知られていないが、Mac OS(Syetem 7)をライバルと決めて登場したWindowsは時代がNeXTにしてやられ、モバイルではRIMに完敗し、更にiPhone OSにやられた。今年後半にWindows Phone 7を出すつもりらしいが、その頃にはAppleはiPadを主戦場と考えている。Jobsがタブレットを作らないと言ったら、もう準備が終ったと考えなければいけないのは常識だと思うのだが...SONYもこれから作る言っていたような...ご苦労様な話である。

2 件のコメント:

syd1520 さんのコメント...

カセットテープをガチャッといれて聞けたウォークマン、かっこよかったなぁ!!あの頃はソニーはすごかったなー!ガム電池かなんかつくったころから、あれ???って感じで、今は、脳科学者かなんか取り込むもんだから(本人は講演会でMacBook広げて講演するんですけどね、バイオじゃないんだって)見る影もないね。やっぱハードメーカーですね。
お金使うのは消費者ですよ、素人の。
わかってます?ソニーさん。

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

 コメントありがとうございます。

 エスパー研でオカルトやり始めた頃から、”?”マークが...それが今の脳科学のルーツだったり...

 夢を売るのなら分かりますが夢にハマっちゃたらお仕舞いだと思うのです。