土曜日, 10月 29, 2011

人を突き動かすもの

 Android 4.0になって漸く気持ち良く使える事が重要だと気付いたようだが、今まで情ではなく理でAndroidを考えていたGoogle。盲目的にAndroidを信奉していたスペック系のオタク以外にはその操作体系が理解出来なかったのは気持ち良く使えるようにしようとしてはいなかったのだから当たり前の話である。今回は、Androidの話しは関係ないので批判はこのくらいに。
 
 私がマーケティングが大嫌いなのはBlogの読者ならばご存知なので解説の必要もないだろうが、統計などの数学的な手法で分かるのは過去からの傾向であって未来の予測ではないと言うのが私の基本的な考え。Steveの言う通り市場調査など何千回行ってもまだ見ぬ商品を製品化するなど不可能なのである。Androidが漸く気持ち良く使えるのが大事と気付いた今、Appleが目指しているのはその先にある使って気持ちが良くなる製品作り。SiriなんてGoogleのAIには敵わないからいずれ抜き去られるなんて言っている人は統計で人の気持ちが分かるとでも考えているのだろうが、それは大きな誤解、そんなもので人の気持ちがわかるのならApple以外のメーカーの商品が売れないはずはないのだ。
 
 さて、表題に戻ろう。ものを売ろうと考えたら一番大事なのは人を突き動かすものが何かを知る事。普通の頭しかない人はそこでマーケティングの出番だとなるのだが、そんなもので分かるのは流行廃りの傾向であって次に何が望まれるかではない。Appleがそんな事をして成功してきたわけではないのは皆さんもご存知だろう。
 
 そこで出て来る結果が、前にもblogで書いたようにAppleはイノベーターで革新的なものを出したからだと言う誤った認識だ。きちんとAppleの動きをトレースしていれば解るようにAppleはどこにもないものを作り出した事はないに等しい。逆にそんな事をしたものはAppleだってことごとく失敗しているのだ。世界で最初のPDAだったNewtonがどうなったかを考えてもらえれば分かるように、どこにもないものを作ろうと悪あがきをしていたのはSteveがいなかった最悪の時期のAppleなのだ。
 
 そのトラップにはまる事のなかった少し賢い人達が達する結論は、既に存在するのに大きく育つには何が足りない商品を誰もが欲しくなる製品としてAppleが完成させただけで、その胆はデザインだと言うのだ。だから、どこかの猿まね企業のようにパッケージまでパクると言うバカな事をしてしまうのだが、それも違うと分かるとSteveのプレゼンが上手いからなどと戯けた事を言う始末だ。
 
Appleが成功した理由ではないもの
その1:緻密な市場調査。一般人に今までにない商品を想像など出来ない
その2:どこにもないものを作る。そんなものが連続して出てくるわけがない
その3:デザインが良い。デザインだけで売れるのならばそれはアートだ
その4:Steveがプレゼンしたから。プレゼンで売れるなら世話はない

いつになく前振りが長くなってしまった(流石にくど過ぎる)。答えは既に書いてあるようなものなのだが、人を動かすのは快原則。食欲、性欲、達成欲も突き詰めてみればそれで得られる快感が動機付け。なぜAppleの製品をコリもせず買い続けるのかと問われれば使って気持ちが良いからだし、私が、WindowsやAndroidが嫌いなにはそれを一般の人が使って気持ち良くなるものとは到底思えないから。理屈で物を選ぶのは一部の頭でっかちだけなのである。

結論:漸く気持ち良く使えるところに辿り着こうとしているAndroidを尻目に、Appleは最初から使って気持ち良くなるを目指していた。一般のユーザが使って気持ち良くなる商品を作り続ければAppleのように成功するのである。何が気持ち良いのか分からないのならコンシューマ用の商品など出してはいけないのだ。

2 件のコメント:

syd1520 さんのコメント...

激しく同感です!!

G4 Cube Everlasting さんのコメント...

 コメントを頂きありがとうございます。

 久々に書いたので、本当は気持ち良くなるものが売れるんだと書きたかったのに分かり辛い文章になってしまい申訳ありませんでした。続編としてその辺りをもっとストレートにまとめてみようかと思います。

 理系の人達は人間は論理によって動いていると考えているようですが、論理(ルール=アルゴリズム)で動くのならば人工知能に任せれば良い話になってしまいます。

 実際に人を行動に駆り立てているのは情動(エモーション)、欲求と動機付けなのです。欲求と言うのは突き詰めていけば快楽の追求なのですが、問題は何に快楽を感じるかは人によって違うと言う事でしょうか。人がものに対して抱く欲求は思いどおりに使える事。

 Appleはその辺を中心に据えて製品を作り続けている(但し、その時に実現可能な方法で)だけと気付けば、Appleの先回りも可能なのにと思います。

 使って気の地良くなるために認知心理学を利用しているのがAppleなのです。